風の住む街  I'm in Kenya。

Pay It Forward

研修も2週目に入った。
研修内容だけではなくて、参加者のみなさんから
学ぶことも多い。
今回大阪研修に参加しているのは、青年海外協力隊の
みなさんだけではなく、シニア海外協力隊といわれる方たちも
いらっしゃるので、やはり人生も仕事も経験豊富な方たちから
学ぶし、彼らから学んだことをシェアしてくれる友人からも学ぶこともある。

今日、ボランティアについて考える時間があったので
それについて考え直してみた。
あたしがこれまでやっていることもこれからやりたいことも
誰かのためだけというよりも、自分がやりたいし
やるべきだと思っているからやっている。
目の前で転んだひとをほっておけない、というかんじ。

やっぱり年齢を経ていくと、いろんな出会いがあるし
人との交わりによって、喜びだけでなく悲しいこともある。
その中で、誰かのためにと思ってやったことが
まったくをもって大きなお世話になってしまったり
相手はすっかり忘れてしまったのかな?と寂しくなること
もあったりで、人への思いやりについて
最近、正直言って疑問があった。それって意味あるの?みたいな。
幸福な王子は本当に幸せなのか?
自分でも、客観的に言って
そんなやつが協力隊とか国際協力とか言ってて
いいのかよ?と思うけれど。
だからといって、情熱がないわけではないのだけれど。

そのときに、グループの女の子が
Pay It Forwardの話をしてくれて
それがすごくタイムリーだったので、はっ、とした。
実は、朝まーりんにストレッチをしながら
似た話をしてもらって、そうだよなあと思っていたので
これは、ちょっと立ち止まって考えなさいということなのかな、と思った
のです。

Pay It Forwardというのは、10年くらい前の映画。
少年が、世界中を幸せにするにはどうしたらいいか、という宿題に対して
自分が受けた恩を、親切にしてくれた人に返すのではなくて
ほかの誰か3人に返して、それがどんどん広まっていけば
世界中が幸せになる、というもの。
実はまだ途中までしか見てないんだけど、そのアイディアに
10年前に感動したくせに、最近すっかり忘れていた。

あたしもいろんなひとたちから受けた恩を忘れてるに違いない。
もう少しひとに優しくなれたら、とすごく思う。
[PR]



by enoringo | 2009-11-17 00:03 | 研修

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧