風の住む街  I'm in Kenya。

マーケットへ

今日は授業で地元のマーケットに連れていってもらいました。
みんなフレンドリーだよ、と先生が言っていただけあって
ほとんどみんな親切。

①名前②今すんでるとこ③何を売っているのか

の3つを7人以上に聞くのが課題だったんだけど
3,4人くらいまでしか聞けなかった。。。。
これは自分が引っ込み思案であることと
みなさんがとてもおしゃべり好きであることが原因です。
ひとつ質問すると、答えてくれるだけでなくて
新しい単語を教えてくれるし、スペルまで教えてくれて
さらに英語のスペルまで直されてしまう始末。

上級者クラスの子が助けてくれて
ほえー、と聞いてても勉強になりました。
2ヵ月後、少しはわかるようになるんだろうか。。。

こういうマーケットでは、たくさんの古着や靴が売られています。
そいでもって、すごく安い!
日本の古着屋さんとかも買い付けにきてるのかもね。
でも、それらはUNの支援物資から流れているそうです。
さらっとみただけでも、TOPSHOPとかNEXTとかあったもの。
グーグルで調べていて、こういうマーケットについての
研究をしているひともいるみたいで、気になります。
支援物資が流れているからやめさせよう、と一概には言えないそうです。
でも、必要としているところ(難民キャンプとか)に
うまくいきわたらないのなら問題だし。

そんなことも考えつつ、自分の社交性のなさに(相当)へこみつつ
帰ってきました。

授業後は、JICAオフィスへ。
調整員と呼ばれる方との面談でした。
私はNaivashaのNGOに派遣されるのですが
その団体の活動内容や入居予定の部屋について説明を受けました。
団体のウェブサイトは一通り目を通していたのですが
パンフレットのコピーをいただき、さらにその団体のひとのことなど
を聞いて、わくわくしてきました。
2月2日から4日間、訪問することになっているので
準備を始めようと思います。

ちなみに、調整員の方によると
その団体の方はプログラムで参加者が作成したかばんなどの販路開拓を
してほしいとのこと。
営業の日々よ、再び? 
でも、実際にプログラムには参加できなくても
話は聞くことができるわけだし、勉強になることはたくさんあるのだから。

たたきなさい、そうすれば開かれます。

6年間のカトリック学校での生活では毎朝お祈りがあったのですが
(私はクリスチャンではないですが)
そのときのお祈りの言葉はほとんど覚えていて
ときどき思い出すと、そうだよなあ、と改めて納得することがあります。
この言葉もそのうちのひとつ。
せっかくアフリカの都会にいるんだから、勉強するぞー!
[PR]



by enoringo | 2010-01-20 02:58 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧