風の住む街  I'm in Kenya。

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である/二宮金次郎

7月に、ケニアで人気のテレビプログラム(らしい)の
Tahidi Highというドラマの出演者を呼んだディナーパーティーを開くことになりました。
これは、うちの団体がコマーシャルセックスワーカー(CSW)
もしくはCSWになる危険性の高いグループ(シングルマザー、収入が少ない女性)
のための職業訓練学校を設立するために必要な土地を
購入する費用を捻出するためです。


最初、この学校は必要だしぜひがんばりたい、と思って会議に参加していました。
でも、現状として、7月以降USAIDからの助成金(*)がなくなるため
団体の収入源がゼロに等しいという危機的状況なので
そのお金は職業訓練のプログラムそのものに使うべきなのではないか、と思うようになりました。

(*)今USAIDの助成金でやっているのがAPHIA II(アフィア2)というもので
   9月からAPHIA+(アフィア プラス)というものになります。
   このAPHIA+に参加できるかどうかはまだわかりません。
   ディレクターは神さまは私たちの味方よ、と言っていますが
   神さまはすべてのNGOに平等なのではないか、と思います。
   神さまに頼るのもいいですが、そのほかの手段を冷静に考えるべきです。


うちの団体は私を入れて8人で、そのうち5人が女性です。
女性が自立するための団体なのに、スタッフが収入の危機に立たされているのはどう考えてもおかしい。
そもそも、その職業訓練のプログラムを2回しかやっていなくて
すぐに学校を建てたいというのも説得力に欠けます。
そのプログラムの評価測定すらちゃんとやってないのに。
スタッフはみんな学校なんてまだ必要ないと言っていて、ディレクターだけが一人突っ走っているのです。


最近、スタッフとの距離がすごく近くなってみんなが大好きになったし
やっている仕事もやりがいがあるし、とてもいい勉強をさせてもらっているから
どうしてもここで2年間過ごしたいのです。
今なんとか助成金をもらえるように申請書を出したりなんだりしてるけど
それが通ったとしてももらえるのはまだ先。
それまでなんとかつなぐ必要があります。

うちの団体の主な活動は200人以上のボランティアによって支えられています。
彼女たちとのネットワークを途絶えさせてしまうのはもったいないし
何より一人でも多くのCSWがCSWから抜け出して
心身共に健康な生活を送れるようにするためには
この団体の活動を存続させる必要があります。


二宮金次郎の言葉に
『道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である』
というものがあります。ほんとうにそうだと思います。
ボランティアだから、とか言ってらんない。
スタッフはこれまでの彼女との軋轢からもうあきらめてるので、あたしが言うしかない。
ちょっと正義ぶってる感が否めないけど、正義ぶってようがなんだろうが
正しいことは正しいもの。基本的にだいたいのことは譲るけど
譲れないことは譲らない。
いい意味でボランティアだから、失うものもないしね。

今スタッフが一斉に有休を取っていて(辞めるのを見越して??)
来週みんな戻ってくるので
そのパーティーのお金を建物ではなく授業運営費(含む、職員の給料)に
回すように話をしたいと思っています。
とりあえず、スタッフへの根回しをしている最中です。
うまくいくといいなあ。
あたし、ナイバシャからもスタッフとも離れたくないです。



*今日の五右衛門さん*

ペットボトルの蓋がお気に入りの様子。ものすごくじゃれている。
でも、ときどき突然我に返るのか
何事もなかったかのようにすまし顔でその場を去ることがある。
[PR]



by enoringo | 2010-05-06 17:31 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧