風の住む街  I'm in Kenya。

あたしの活動

ケニアに行ったのはいいけど、実際なにやってるの?という質問にお答えするために
今 私がやっていることを書いてみたいと思います。
国際協力といっても、さまざまな分野に分かれています。
一番最初に思い浮かぶのはプログラムオフィサーといって
実際にプログラムを企画運営する仕事ではないか、と思います。
やってみたい気持ちもあるけれど、実際に今やっているのはお金に関わっている仕事です。

私の仕事内容は、ファンドレイジングといって団体の活動費を確保するために
個人や団体からの寄付、政府やNGOといった組織からの助成金を探して、取ってくることです。
また、寄付をもらうには、団体を知ってもらう必要があるので
そのためのPR活動もやることになっています。

具体的に今やっていることは1.インターネットを通じた寄付を募る(ホームページ作成)2.ユニセフとかユニフェムといった国連系の助成金応募書類作成3.募金を募るイベント企画4.以前もらった助成金で行った職業訓練プログラムの評価測定(Evaluation)5.かばんやストールなどの商品販売


こんな感じでしょうか。特に4.はプログラムが昨年の11月に終わっていて
報告書を今月末までに援助してくれた団体に提出することになっているのに
放置されています。
っていうかあたしが言い出すまで誰も評価測定しよう、とか言わなかったし。
どうやって報告するつもりだったんだろう。。。。

この評価測定は、ただ単に援助団体への報告だけでなく
自分たちの活動を反省する上でも大いに役立つし
次の助成金申請の際に『どうしてこのプログラムをやる必要があるのか』
という説明をするのに、必要不可欠です。
だって、『みんなこのプログラムをやって、仕事が見つかったみたいです』というのと
『X名の参加者のうち、Y名が仕事を得て、生活レベルがZ%上がりました』
というのとでは説得力が違うでしょう?

でも、この評価測定はかなりおろそかにされているのも現実です。
某国連組織が関わっているプロジェクトについてレポートを書いたことがあるけれど
その評価測定はひどいものでしたから。

今書いている助成金応募書類にも、その評価測定の結果を書く項目があるのでどうしても必要なのに、ディレクターとその下のオフィサーはまったく理解していない様子。
口では、そうね、とかドキュメント化がうちの団体には必要よね、とか言っているけれど
結局どうにかなるだろう、と思ってる様子。
35人分のアンケートと面接をやるのにどれくらいかかるのかわかんないし
それの分析もしないといけないのに。
やる、となったので、質問項目や用紙も用意したけれど
あたしも勝手に動けないし言葉のハンディもあるしで通訳が必要だしで
話を進められず正直困っています。
ここでうまく進めるのが大人ってやつなんだろうけど、いい加減腹が立ってきているので
いっそのこと、放置しようかと思うくらい。感情で動いちゃいけない(アンドレ/ベルサイユのバラ)
のは分かってるけどねえ。。。
ほかのオフィサーも政府から助成金が出てるプロジェクトでディレクターたちと揉めて
一切手を引きます、って手紙を昨日書いてたし。揉めすぎです。
助成金のお金を不正使用してたみたいだし
どうせもうもらえない助成金だからいいのかしら。。。なんかすごい納得いかない。
[PR]



by enoringo | 2010-05-11 17:57 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧