風の住む街  I'm in Kenya。

こんがらかる

このブログに載ってるユニクロ時計ではナイロビは天気および雨と
なっていますが、実際はどうなんだろうね。
ちなみに、ここナクルでは雨がしばらく降っていません。
ケニアは現在乾季に入っていて、お水がない、という隊員の声もちらほら。
私もたまに断水はあるものの、そこまで困るほどではないけれど
水が止まると、洗濯、料理、トイレなど
ありとあらゆる面で困るのよね。雨が降ると
玄関とかにたらいを置いておいて
雨水を貯めて生活する協力隊員は多いのではないでしょうか。
雨は面倒だけれど
生きていくのに必要だとひしひし感じます。


タイトルのこんがらかる、って方言か?
(糸とか線が)からまりあって収拾つかない状態のことをいうのですが
そんな精神状態がたまにあります。
そういう状態を防ぎたいから
いろいろシンプルにしておきたいと思うのだけれど
それはそれとして、やっぱりこんがらかる。
なんでこんがらかるのか?と考えてみたら
気持ちが今に集中していないからではないか、と思い当たった。
先を考えるから、今から抜け出したくて
でも今は今だから抜け出せなくて
こんがらかる、みたいな。そうなんじゃなかろうか。


理想としては、そんな状態になっても
それはそれとして、日常生活を送るということなのだけれど
まだまだ修行が足りないです。。。。


--------------

今日は同僚GがKDHS(Kenya Demographic and Health Surveys)の
発表会みたいなもの(なんていうんだろう?)に出かけています。
こういう結果をどれくらい現場に生かせるか、ということを考えないと
いけないなあ、と思います。
先日、選挙区レベルのオフィサーと口論になったのだけれど
彼女に『物事は現場で起きてるのよ!』と青島刑事ばりの
発言をされて以来、改めて現場と政策の橋渡しの難しさを考えていました。

何かの記事で、国連とか政府とかそういうところの計画書作成に
2~3年かかっていて、実際に使用されているのはどれくらいなんだ?
みたいなのがあって、それを時々考えます。
指針がないと、団体は進めない。その団体が大きければ大きいほど
指針がないと、方向を見失ってしまう。
だけど指針が目的となっては意味が無いわけです。


会社員時代に、本社は現場をわかってない、というセリフを
何度も聞いてきましたが、本社には本社の言い分があるんだろうなあと
頭の片隅でいつも思っていました。
今、本部と現場の間に立ってみて
改めて、そんなことを考えています。


正直、あたしの頭の理解許容を大幅に超えているとしか思えないし
誰か答えを教えてくださーい!と叫びたいところなのですが
そんなことではイカン!自分で勉強しなさい。と自分を叱責しつつ
日々ぐるぐるしているのです。


---------------

とまあ、そんな話ばかりではなくお買い物の話なんぞ。
ケニアでは携帯電話がすごく普及してます。携帯を使った銀行システムとか
すごい広がりです。(m-pesaといいます。)
今狙ってるのはケニアで発売されているHuaweiの IDEOS。
買っちゃおっかなー。
つねさん情報によると、ケニアでは9000円くらいのものだけど
日本では20000円くらいで取引されてるみたい。
スカイプできるんだったら、考えてみたい。
[PR]



by enoringo | 2011-01-31 22:16 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧