風の住む街  I'm in Kenya。

個人と囲い込み

ずっと思っていたことが、ぐぐっと再度噴出してきたので自分メモ。


どうしても人間一人では生きられないのだいうことはよく分かる。
組織とかグループっていうのは、とても便利だしありがたい存在だと思う。
だけれど、グループや輪を作ることによって
そのグループや輪に含まれなかった、入らなかった、入れなかったひとたちが
いるということを忘れてはいけないと思うのです。

幼稚園くらいから、『仲がいい子』とよくつるむようになってくる。いつでも一緒。
そういうのって、楽だし楽しいし、仲間はずれにならないし。

だけど、それが年を経るごとにだんだん違和感を感じるようになってきた。
道を歩いていて、タイミングがあったらしばらく一緒に歩いておしゃべりして
またそれぞれの道に戻る、っていうのが心地いいな、と思うのですが
わかってもらえないことがある。友達と言っても所詮、個と個である、という大前提が
理解できていない人が意外といる気がする。

仲がいいグループっていいな、素敵だなって思うけれど
排他的であることが多い気がして、なんでや?とも思うのです。
仲の良さを自慢されると辟易。自分が一人じゃないっていう再確認を
しているように見える。いや、でも結局人間は一人だよ、って思う。
グループなんて、アメーバみたくあればいいと思う。

連絡の頻度だとか、話す内容だとか、付き合いの長さだとか
そんなんで友情の度合い?だとかなんか測れないと思うんだけどなあ。

そういう目に見えない縛りを突きつけられると、非常に困ってしまう。
寂しがりが世の中には多すぎる。



*ずっと前の五右衛門さん*

エチオピア旅行中に、家のお留守番をしていた五右衛門さん。
みほちゃんがえさやトイレのお世話をしてくれていたのですが
帰っちゃうのがさみしかったらしく、普段は窓からのぞく程度なのだけれど
こんな風に顔を貼り付けていたらしい。。。かわゆすぎる。

c0204073_19213283.jpg
[PR]



by enoringo | 2011-08-01 19:24 | 思うこと

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧