風の住む街  I'm in Kenya。

2010年 03月 16日 ( 1 )




愚痴ります!

愚痴りますんで、飛ばしたい方はぜひ。

①金曜に以前行っていた職業訓練の卒業式があった。
あまりの準備の悪さと段取りの悪さにあきれた。
最後にディレクターに
『どう?すごい団結力でしょ?』と言われ
そうね?と微笑んだ自分に拍手をあげたい。
だって、彼女たちにとって初めての認定書になるのよ!と
言ってたくせに、式が始まってからアンタ認定書にサインしてたじゃん!
しかも、結構書き忘れあったじゃん!

②うちのNGOで作っている商品を
JICAのオフィスで売ることになり
準備して、前回ナイロビに行ったときに
おいてきました。そのときのJICAのひとの感想を
商品を作ったオフィスのひとに聞かれ
一通りほめたあと、もう少し小さいとうれしいって
言ってたよ、と伝えたら
『アメリカ人にはあれは人気だ』と言われてしまった。
じゃあ、アメリカ人に売ればいいじゃん。
JICAじゃなくて、Peace Corps(アメリカ版の青年海外協力隊)ボランティアに頼めよ。

③日曜に、スーパーでさんざん子どもにあとをつけられた。
"Una swahili?" (なんか質問あるの?)と聞いても、ないって言うし
自己紹介して名前聞いて、握手して去ったんだけど、ついて来る。
ついてきちゃったの?って言うと、荷物持つの手伝うよって。。。
ありがたいけど、丁寧にお断りしたらやっと帰ってくれた。
ところが、家の近くで別のこどもの集団がいて
あたしが家の門を入るのを見て、ガンガン門をたたくわ
南京錠をガンガン鳴らすわ、けるわなんだで
大迷惑。しかも冗談抜きで1時間半くらい。
近所のひとにも申し訳ないし、ちょっとカンベンしてくれ、という感じ。
なんだか泣きたくなってしまった。あたし、あんたたちの国になんか悪いこと
したっけか?

④今日、USAIDのスタッフとの結構大切な会議のあと
ぶらぶらするからおいでよ、同僚にいわれて
一緒に歩いていったら、同僚の1人の家に。
夕ご飯をごちそうになって、よかったんだけど
彼女は基本的にキクユ語ばっかり話す。
スワヒリ語も英語も話せるくせに、あたしの前でも
他のひとがいるときは、絶対にキクユ語。
なので、2時間くらい彼女ともう一人の同僚は
キクユ語で叫ぶように会話しており
あたしはずっとアウェー状態。
おまけに、彼女のこどもと遊んでいて
何かを叫ぶので、何かと思ったら
『お前をベルトで殴ってやる』という意味らしい。
どんな2歳児だ。
(ある意味、子どもってこわいよねー。親の鏡だもん。)
日本語で言われるならまだしも、外国語で何度も言われると
なんだか無性にへこんでしまい
この家に二度と来るもんか!と固く誓ったのでした。
泊っていきなさいよー、っていう彼女の気持ちが
ちっともわかりませんでした。


そんなこんなで、なんだかとほほなことが続きました。
開発について、常に考えているのですが
彼らが変えたい、変りたいと思わない限り
何かを提案しても、それは単なる押し付けなのではないか、と
常に疑問が付きまといます。
もちろん、この疑問をいつも忘れてはいけないとも思ってるけど
やっぱりなんとなく苦しい。
長い目で考えて、”開発”したことが良しとでるかどうかも
わからないし、なんとなくちびくろサンボのトラのような気持ちです。 
うちの団体の主なサービス提供先であるコマーシャルセックスワーカー
(売春婦)に会ったら、すこしはこんな気持ちが和らぐんだろうか。
[PR]



by enoringo | 2010-03-16 03:16 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧