風の住む街  I'm in Kenya。

2010年 05月 24日 ( 1 )




携帯

昨日はナイロビで、日本の雑誌『ソトコト』が主催のソトコトマラソンが
ありました。私は走らなかったけれど、ブースを出してうちのNGOの
商品を売ってきました。やっぱり目の前で売れるとうれしいもんです。
新商品の反応もなかなかでした。
マラソン選手の高橋尚子さんが来てくださって
同じ岐阜県民としては、それもうれしかった。
小柄で、色白できれいなお方でしたよ。

その前日、タカミホと外食をして
大人ってステキね、と思わず口にしてしまうような
超ステキなひと時を過ごしました。
雰囲気は最高だし、音楽はフラメンコとか流れてるし
デザートをサービスしてもらっちゃったし、ホクホクです。
おいしかったなー。

その後、出店用の看板をつくり、2時間半くらい寝て
朝5時起床。ガッペ眠い。
そのため、出店中眠くて眠くてうとうとしてしまいました。
でも、たのしかったな。

マラソンが予想外に早く終わったので
ナイバシャに帰ることにして、マタツに乗りました。
さて、ここからが今日のタイトルです。
急遽今日の売り上げを報告することになり
ノートを見つつ、携帯をポチポチうっていたら
マタツが出発した様子。
マタツステーション周辺は混んでいるので
少しずつゆっくりすすみます。
窓がなぜか開いたのだけれど
後ろの席の人が開けたのかな、くらいに思っていたら
外から携帯をぶんっ!とつかまれて
そのまま逃走されました。
わたし、携帯盗まれました。。。。
思わず叫んだけれど、相手はダッシュしてるし
マタツから降りて、追いつくはずもないしと
あきらめました。
さすがに、マタツ内がざわっとなって
どうしたの?と聞かれたので
携帯を盗られた、と答えると
となりのおっさんが『かばんは?』と聞いてきて
思わずぞっとなりました。
そうなのだ。かばんごと盗られる可能性もあったんだもんね。
携帯だけですんで、むしろラッキーだったんじゃん。
窓際に座ると気持ちがいいけれど、もっと警戒すべきだったのです。
そう思ったら、むしろいい勉強になったな、という気持ちになりました。

ナイバシャについてから、Milka(オフィスのひとで姉のような存在。
五右衛門もお世話になってます)の家に直行して
携帯を借りてJICAに連絡しました。
MilkaはPoleといって、チャイとパンを出してくれました。
彼女の優しさが染みました。困ったときにこうやって包んでくれるひとが
いるってわかっただけでも幸せだな、と思いました。

今日新しい携帯を買ってきました。ケニアの携帯は基本的にプリペイド方式(カードを買って
その金額に応じて話すことができます)なので、手続きは簡単。
FMラジオがついてるやつにしました。慣れるまで時間がかかりそうだけど。

そんな週末でした。


*今日の五右衛門さん*
ビニール袋がお気に入りのようで、よくじゃれている。
テンションが高すぎて、でんぐり返しまでしていてかわいい。
[PR]



by enoringo | 2010-05-24 17:37 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧