風の住む街  I'm in Kenya。

2011年 12月 02日 ( 1 )




I'm an African woman! Buy kenya Build Kenya in Nakuru

ご無沙汰しております。
先日、約半年間関わってきたイベント
“I’m an African woman! BUY KENYA BUILD KENYA ”
が終了しました。皆さん、たくさんの応援をありがとうございました!

金曜は午前中、Radio Amaniというローカルラジオ局
のトークショーにお邪魔させてもらいました。

本当は、純子さんとメンバーの一人のママが二人でショーに出演してくださる
予定でしたが、ママが遅刻。Oh,ケニア人!
というわけで、急遽私も参加。

オールスワヒリ語で、時々???という状態だったけれど
DJと純子さんが助けてくださって、1時間乗り切りました。
ママも途中で来てくれて、たくさん宣伝ができました!

Maggieと純子さん。かわいい!
c0204073_20491272.jpg



挙動不審な私とDJ。
c0204073_20512759.jpg



ナクルは数日間、雨。
金曜の夕方からテントを張っていたところ
直前に発覚したダブルブッキングの相手が雇ったMCからさんざん邪魔が入りました。
それでも、どうにかうまくいって翌日はきっと晴れてくれる!と信じて
床に就きました。

前日からナクル入りしてくれたやまもっさんが照る照る坊主を作ってくれました。ありがとう!

c0204073_20284739.jpg




それでも朝からしとしと雨。
ケニアの女性は、髪の毛にすごく気を使っていて
雨が降るとスーパーのビニール袋を当然のようにかぶったり
シャワーハットを頭にかぶる人が多いです。
というのは、雨に濡れると髪がちぎれてしまうからだとのこと。
その為に、ケニア女性のためのイベントなのに
男性の観衆がほとんどとなってしまいました。

それでも、メンバー二人が一生懸命MCでお客さんを集めてくれました。

前回も出演してくれたチームアベダスとMC。
かっこいいダンスをありがとうございました!
c0204073_1934996.jpg



ボランティアの御二方が相撲や空手を披露してくださり、ケニア人大興奮!
寒いのに、薄着でがんばってくださって、本当にうれしかったです。

何気に大学の後輩のAさん。日本男児をケニア人に見せ付けてくださいました。
c0204073_1982542.jpg



日本のスポーツってやっぱりめっちゃめちゃかっこいい。
差し入れまで持ってきてくれたやまもっさん。ありがとうね!
c0204073_20572690.jpg




ナクル市の副市長が女性なので、ゲストとして来ていただきました。
ちゃんと約束どおり、ケニア服を着てくださってます。

c0204073_20543518.jpg




私の中で一番お勧めだったお店のおばさん。
c0204073_2145528.jpg



毛糸を紡いで、ニット製品を作っています。
この方は、うちのオフィスの近くのお土産屋さんの隅にあった商品を見て一目ぼれ。
オーナーに連絡を個別にとってもらって来てもらいました。ケニアに来てみて、

①羊がたくさんいて、②アクリル糸で編んだ製品がたくさんあって、③寒い 

という条件がそろっていながら、羊毛製品がないことが疑問だったの。
だから、このおばさんの商品と出会えたときは大興奮でした!本物はやっぱりいいもんね。


ファッションショー。モデル担当の子がワガママ言い放題で、振り回されっぱなし。。。
着替え用に急遽お願いしたバスを汚しまくって帰っちゃうし。。。
でも、やっぱりプロモデル。めっちゃ、きまってます。

c0204073_18242683.jpg



c0204073_18292526.jpg




c0204073_18342223.jpg




本当はモデルはプロじゃなくて
ごくごく普通の女の子やママにやってほしいと言い続けてきたんだけれど
全然話が違ってて、普通感が出てるモデルさんが少なかった。。。
でも、皆さんが楽しんでくれたら、それでいいかなあ。


少数派のママ。ケニアのママって、堂々としていてかっこいいんです。

c0204073_1840833.jpg



モデルたちが、本来の目的である展示物のプロモーションではなく
あたしと服を見て!という雰囲気が強すぎたので
これではあかん!と純子さん、みうみうと3人で
急遽モデルをやることに。

みんなー、ケニアにはこんな商品があるんだよー!
c0204073_18502381.jpg




素敵なみう嬢。たくさんのお仕事を引き受けてくれて本当に助かったよ。
c0204073_18573436.jpg



本当はもっといろんなひとたちに商品を直接紹介できたら
と思っていたのですが、ばたばたと調整に追われて、あまり
ショーをみることもできませんでした。心配をかけてしまって
申し訳なかったです。

夕方終了くらいになって雨上がる。。。なんだそれ。

準備や片付けを逃げるメンバーや
同じ日に開かれていた私の配属先のイベントに呼ばれていたメンバー。。。

というわけで、片付けをほとんどJICAボランティアの皆さんに
お願いすることになってしまいました。皆さん、遠くから来てくださった上に
たくさんのお願いを聞いてくださって、本当にありがとうございました。




イベントが終わって、自分で反省点が多すぎて脱力してしまい
また自分の至らなさが情けなくて、呆然としながら2日間くらい過ごしました。


月曜はスポンサーへのお礼に回って、火曜はプチ会議。その際に聞いた話

*『ケニアの商品を買おう!』という考えを浸透させるには
時間がかかるから1回のイベントでは変わらない。
毎年のイベントにするから、少しずつ変えていこう。

*土曜のショーやMCのおかげ(私たちのイベント!)で日曜にもお客さんがたくさんきてくれた。

*ダブルブッキングの相手だったナクルトレードショーのひとたちが
また次回やるときはぜひ一緒に、と言ってくれた。
(確かに、彼らはスポンサー集めを担当して、
こちらが内容を担当と言う風に役割分担したらお互いにメリット大アリだと思う。)

*プチ会議をしたレストランのマネージャーが、
『出展したおかげで月曜にたくさんのお客さんが来てくれたよ。』と報告してくれた


などなどのフィードバックがあり、反省点がありすぎるくらいあるものの
次へのステップアップが見えて、とてもうれしくなりました。

ここらへん、あたし単純なのよね。そうかそうか。
たった一回のイベントで何かを変えようなんて考えてた自分に気がついて
すごく恥ずかしくなりました。こういうのは継続していくものなのよね。
またやりたいっていってくれたユースのメンバーに感謝です。

JICAの方もイベントに来てくださったのですが
今後もブースを出してくれた団体のフォローをしたら?とアドバイスをくださって
うれしかったです。販路開拓や商品改善を本来の活動の傍ら
やっていこうと思います。

やって終わり、なんて無責任だよね、確かに。

そんなこんなで、半年間に渡るイベントは幕を閉じました。
6ヶ月間、温かく見守ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。


6ヶ月間、泣いたり怒ったりなんだりの私をなだめながら、
ずっと引っ張ってきてくださったケニアのお姉さん 純子さん。
本当にありがとうございました。ほんっとうにたくさんのことを教えていただきました。
このイベントのおかげで、ケニアのいいところがたっくさん見つかりました。
少しつっこんだケニアを見ることができたのは、このイベントのおかげです。
誘ってくださって、ありがとうございました。
こんな私を見捨てずに一緒にイベントを企画運営してくださって、本当にありがとうございます。

終わったー!!!!
[PR]



by enoringo | 2011-12-02 21:06 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧