風の住む街  I'm in Kenya。

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧




木曜日

今日は午後が課外授業の日です。
これまではマーケットに連れていってもらっていましたが
今日はカフェでした。注文の仕方を習ったので
それを使いましょう、というものだったのだけれども
そこまでスワヒリ語で店員さんと話すこともなく
(っていうか注文するだけ)あとはおしゃべりでした。
スーパーの近くにあるので、土日の買い物の
帰りにまた寄りたいなー。

日中は、これでもかっちゅーくらいに
日が照っていて、痛いくらいなのですが
夕方になると、とてもステキな夕暮れで
風も気持ちがよくて、ぶらぶらしながら帰れるのが幸せ。
今日は月も見えたし、なんだか帰るのが惜しいくらいで
あー、ぶらぶら帰りたいとちょっと悲しかったりして。
鼻歌なんかを口ずさんで帰りました。

最近、鼻歌の定番なのは、Cat PowerのSea of Loveです。
ギター(もしくはウクレレ?)のみで
最後に子どものおもちゃのピアノみたいな音のコードがひとつ入ってます。
すきな映画JUNOの最後あたりに流れる曲なのですが
シーンとよくあってて、すごくすきです。
ヒップホップとかロックとかすきだけれど
小さい頃、母がよくかけていた曲の影響からか
フォークソングとか昔の歌謡曲もすきです。
このSea of Loveは歌詞も最小限で
とてもシンプルな曲なのですが
その分ぐっとくるものがあります。





なーんか、いろいろ伝えたいことがあるのに
うまく伝わらなかったり、間違って伝わったり。
言葉だけじゃなくて、態度もメッセージになるはずなのだけれども
そのままの質量で相手に届いたらいいんだけど
そうなることはまれなのよね。
それが人生おもしろいんじゃん、みたく受け取れない私は
まだまだ子どもなのか、面白みを理解できないのか。
うまく言葉にできない気持ちが、夕暮れに歌う鼻歌から蒸発していくような気がします。


Today is Thursday and we have excursion in the afternoon.
Previous times, we went to a local market, but this time teacher brought us to a small coffee shop. We learned how to order in Swahili, so we had to use those sentences. Unfortunately, we don’t have that many vocabularies yet, so we were just chatting mostly. The shop is close to a supermarket, so I wanna drop by again sometime.
During daytime, sunlight is so strong and it’s a bit hurt, but the sunset is so beautiful and it’s gorgeous to walk around in a wind in the evening. I could see moon this evening and I felt like it sucks to go home (hotel) early in the evening. I felt sad a bit. So I was humming when going home.

Recently my regular humming song is “Sea of Love by Cat Power”. This song was played by only guitar ( or ukulele?) and at the end, it has a code by kid’s piano. This song is used in Juno, one of my favorites, and this song fits to the ending scene. When I was a child, I listened to many folk songs and old Japanese pops because my mom listened to them. So I love those songs, while I love hip-hop and rocks. “Sea of Love” is such a simple song, so it rocks my soul.

I wish I could tell people what I want to tell, but sometimes it doesn’t work very well or sometimes people take it wrong. Even attitude could be a message, but I don’t think that many messages are understood correctly… Am I childish if I cannot think that that’s why life is interesting…?

When I’m humming, my feeling is going away from the humming.
[PR]



by enoringo | 2010-01-29 03:50 | 日々

My friend's thesis

今日もとてもいい天気に恵まれた一日でした。
もう雨季が終わったのかもしれない。風が気持ちよすぎて
音楽を聴いていると風の中で踊りたくなってしまう。
大塚愛とリップスライムのSuさんの曲が
日本出国前から自分の中ではやっていて何度も聴いています。

電気が安定して手に入るうちに
読んでおきたいPDFファイルを読み始めようと
思って、PCを学校に持ってきました。
で、授業後に友達の卒論を読み始めたらすごく惹きこまれました。
卒論発表のリハーサルを見た時点で
あまりにもハイパーな内容に一度読んでみたいと思って
最近メールで送ってもらったのです。

彼女はボストンでフルタイムで仕事をしつつ
私たちと一緒に授業を受けて課題をこなして
一緒に卒業しました。
仕事をしていて私たち(留学生、なので仕事ができないのです。)
と一緒に卒業したのは彼女だけです。
それだけでなく、ボランティアでブータン難民の方が
定住するためのお手伝いをしていて
そこから、彼女の卒論が生まれました。
ブータン難民の方がアメリカに定住するために必要なもの、
必要な情報などが何かをインタビュー、分析しています。
まださわりしか読んでいないのですが、彼女の熱意が伝わってきて感動しています。

ちなみに、今彼女はアメリカ政府から派遣されて
ネパールでネパールの難民キャンプにいるブータン難民の調査をしています。
彼女の調査レポートを今からとても楽しみにしています。



It’s such a lovely weather today as well. The rainy season could be ended.
I feel so comfortable in Kenyan wind, so that I almost dance in the wind when I’m listening to the music:)

I brought my PC to school because I can get stable
electricity now in Nairobi and
I wanna read through pdf files including handouts from Karen
(my professor) that I scanned in Japan. I started reading my friend’s thesis after class today. I was SO fascinated by it!!!! I asked her to e-mail me the thesis recently as I saw her defense rehearsal and it was awesome.

She worked full-time when we were in BU and she graduated with us. She was the only one who graduated with us having full-time job. Moreover, she volunteered as a mentor for refugees who came to Boston to help their resettlement. This volunteer work leads her to this thesis topic. In this thesis, she interviewed with Bhutanese refugees and analyzed the data and figure out what they need in their resettlement life. I just read at the beginning, but I'm SOOOOOOOO moved by her passion for peace already!

Now she’s in Nepal to research life in Bhutanese refugees in a refugee
camp in Nepal.
I’m really looking forward to reading her report.
I’m so proud of you, K!!!!
[PR]



by enoringo | 2010-01-28 01:14 | 日々

Ninajifunza kiswahili.

タイトルをスワヒリ語にしてみました。
私はスワヒリ語を勉強しています、という意味になります。
今日の午後は課外勉強ということで
近くのマーケットで売り子さんたちに質問をしてきました。
声をかけるのがものすごく苦手で
前回へこんで帰ってきたのですが
今回、クラスメイトと売り子さんとのやりとりを見て
楽しくなってきました。紙の上での言葉に血が通う感じというか
言葉って生きてるなあ、と実感。
初めて音あわせをするときのような
譜面の上の音符が踊りだすような感覚が心地よかった。

というわけで、俄然モチベーションがあがりました。
よかったよかった。
あやちゃん、サンキュー。


先週末はのんびりできました。
<土曜日>
のんびりご飯を食べ、お茶を飲み、宿題をして、本を読み
ウノやらオセロをして、歓迎会に参加。
おしゃべりおしゃべりおしゃべり。

<日曜日>
のんびりご飯を食べ、お茶を飲み、宿題をして、本を読み
洗濯をしてバレーボールをして、おしゃべりおしゃべりおしゃべり。

もっと詳しくいろいろ書きたかったんだけど、忘れちゃった。。。

月曜に大統領選の話やケニアの教育の話になり
そうだ、ケニアの教育についてまったく知らない、ということを
思い出しました。
そして、私の中でのテーマである児童買春についても
ぜんぜん知らないことに気がつきました。
人身売買は世界中で起こっていますが
その原因や特徴は国によって大きく異なります。
今まで東南アジア、特にメコン川流域に絞っていたので
アフリカについては本当にざっくりとしたことしか知らないのです。

なので、今日から早速勉強開始です。
頭がぎゅっとなるこの感じ、卒論以来です。
時間が足りないよー!!!!
[PR]



by enoringo | 2010-01-27 04:13 | 日々

マーケットへ

今日は授業で地元のマーケットに連れていってもらいました。
みんなフレンドリーだよ、と先生が言っていただけあって
ほとんどみんな親切。

①名前②今すんでるとこ③何を売っているのか

の3つを7人以上に聞くのが課題だったんだけど
3,4人くらいまでしか聞けなかった。。。。
これは自分が引っ込み思案であることと
みなさんがとてもおしゃべり好きであることが原因です。
ひとつ質問すると、答えてくれるだけでなくて
新しい単語を教えてくれるし、スペルまで教えてくれて
さらに英語のスペルまで直されてしまう始末。

上級者クラスの子が助けてくれて
ほえー、と聞いてても勉強になりました。
2ヵ月後、少しはわかるようになるんだろうか。。。

こういうマーケットでは、たくさんの古着や靴が売られています。
そいでもって、すごく安い!
日本の古着屋さんとかも買い付けにきてるのかもね。
でも、それらはUNの支援物資から流れているそうです。
さらっとみただけでも、TOPSHOPとかNEXTとかあったもの。
グーグルで調べていて、こういうマーケットについての
研究をしているひともいるみたいで、気になります。
支援物資が流れているからやめさせよう、と一概には言えないそうです。
でも、必要としているところ(難民キャンプとか)に
うまくいきわたらないのなら問題だし。

そんなことも考えつつ、自分の社交性のなさに(相当)へこみつつ
帰ってきました。

授業後は、JICAオフィスへ。
調整員と呼ばれる方との面談でした。
私はNaivashaのNGOに派遣されるのですが
その団体の活動内容や入居予定の部屋について説明を受けました。
団体のウェブサイトは一通り目を通していたのですが
パンフレットのコピーをいただき、さらにその団体のひとのことなど
を聞いて、わくわくしてきました。
2月2日から4日間、訪問することになっているので
準備を始めようと思います。

ちなみに、調整員の方によると
その団体の方はプログラムで参加者が作成したかばんなどの販路開拓を
してほしいとのこと。
営業の日々よ、再び? 
でも、実際にプログラムには参加できなくても
話は聞くことができるわけだし、勉強になることはたくさんあるのだから。

たたきなさい、そうすれば開かれます。

6年間のカトリック学校での生活では毎朝お祈りがあったのですが
(私はクリスチャンではないですが)
そのときのお祈りの言葉はほとんど覚えていて
ときどき思い出すと、そうだよなあ、と改めて納得することがあります。
この言葉もそのうちのひとつ。
せっかくアフリカの都会にいるんだから、勉強するぞー!
[PR]



by enoringo | 2010-01-20 02:58 | 日々

金環蝕!

最近、毎日JICAのオフィスに行くのですが
なるべく歩くようにしています。
歩く以外の選択肢としては、自動車、自転車、原チャを自分で運転するというもの
がありますが、まず無理。なので、タクシーを拾うか
バスかマタツと呼ばれるワゴン車に乗ります。

でも、毎日食べて動かないと即効で太りそうだし
何より自分の足で歩くと道行くひとの様子が感じられるので
なるべく歩いていくことにしています。
ケニアの女性は超おしゃれさんです!
カンガと呼ばれるすてきな布を巻いたひと、シンプルなんだけど
すごくスタイリッシュな雰囲気にまとめあげてるひと、さまざまです。
なんであんなに頭がちっちゃくて、足が細長いのかしら。

まあ、そんなこんなで、40分くらい歩きます。

で、今日ふとまーりんが、あれなんだろ?というので
空を見上げると、何かがわっかのようになって浮かんでいました。
ほんと指輪みたく、リングになってました。
?月?太陽?なに?
日食かと思ったんだけど、アルジャジーラ(الجزيرة )ではそんなこと言ってなかったし。
(こちらのテレビでアルジャジーラが見られるので
ニュース番組はこれを見ることにしてるのです。)

実はこれ、金環蝕だったようです!
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4332312.html
TBSのサイトで映像がみられますよ。

ツアーも出てたんだね。へー。
なんだか今日ちょっと暗いね、と言ってたんだけど
それはこういうことだったのだね。
わずか8分間のこれに偶然気がついてくれたまーりん、
Asante sana! (めっちゃ、ありがとう!)
[PR]



by enoringo | 2010-01-16 01:46 | 日々

わたしが派遣される町

私が派遣されるのは、ケニアのNaivashaという町です。
Google Mapを見てみると、こんな感じ。


c0204073_3503693.jpg

















見にくくてすみません。GoogleMapの上手な貼り方が
まだよくわかりません。。。

AのポイントがNaivashaです。
周りにいくつもの国立公園があります。
(赤い丸で囲まれてるところ)
緑色で塗りつぶされているところがたくさんあるでしょ?
ほかにも、Reserve, Reservancy(保護区域になるのかな?)(青い丸)が
たくさんです。
ちなみに、今いる首都Nairobiはこの地図の右下のあたり。見えるかな?
Hell's Gate National Parkなんかをgoogle image で検索してみると
壮大な景色が写っている写真がたくさんありました。
わー、たのしみたのしみ。

何よりNaivashaという地名そのままのLake Naivashaがあります。
カバとかフラミンゴがいるそうです。
ナイロビから1時間半くらいの距離なので
観光地として人気なのだそう。ふーん。

2月のアタマに3泊くらいで任地訪問に行くので
どんな町なのか、わくわくしています。
キクユ語という言葉が話されているそうなので
現地ではスワヒリ語だけでなく、キクユ語も勉強することになりそうです。
[PR]



by enoringo | 2010-01-15 03:12 | 日々

Habari zako? (How are you?)

月曜から語学学校が始まりました。
ホテルから学校へみんなで毎日通っています。
朝はホテルでご飯を食べて、昼夜は学校でいただきます。
学校では日本食やケニアのご飯を作っていただいていて
とてもうれしいです。

初日はスワヒリ語の基本的な文法についていけず
どうなることかと思いましたが
同部屋のまーりんのおかげで、無事に(なんとなく)
覚えることができて、授業についていけています。
嗚呼、ありがたや。

まだ学びたてなのですが、ちょこっとスワヒリ語講座。
スワヒリ語は、主語+時制を動詞のアタマにくっつけます。

たとえば、私はナイロビに住んでいます、という文の場合。
Ninakaa Nairobi. となります。
最初のNiが私、naが現在形でkaaが住むという動詞なわけです。
疑問文も倒置があるわけではなく、疑問詞も最後につけるので
日本語と似ているところもあり、とてもやりやすい気がします。今のところ。
何より、いつでも英語で苦しんだ冠詞がないのもうれしい。

単語がどんどんでてくるけれど、先生がとても上手に教えてくださるので
ついていけるようがんばります!

--------------------------------------------------------

ハイチでの大地震で被害にあわれた方々が
一刻も早く救出、保護され、一日でも早く
心身ともに安心できる生活に戻れますように。
[PR]



by enoringo | 2010-01-14 02:06 | 日々

ホテル生活始まる。

明日から語学学校が始まるので
今日は夕方からホテルに移りました。
本来なら、その語学学校に全員が宿泊できるのですが
今年は人数が多いので、半分は語学学校で
もう半分はホテル住まいです。

移動がちょっと面倒だなっと思ってたんだけど
そのホテルが超快適です!

1.部屋が2人部屋(今まで8人部屋でした)
2.明るい(普通に部屋が電気で明るい)
3.ネットが早い(気持ちまで軽くなる)
4.ベットが2段ベットじゃない(階段が壊れていたのでこわかった)

あー、ありがたやありがたや。

その引越しの前に、バルコニー(?)で紅茶とチョコをいただいて
のんびりしてたんだけど、やっぱり風が気持ちよくて
うっとりとしてしまいました。
どちらかというと、せっかちのくせにトロい(兄談)、いつもテンパってる(元会社のひと談)
私ですが ここは、とことんおだやかなリズムに浸りたいと思います。
[PR]



by enoringo | 2010-01-11 03:34 | 日々

ケニアに到着しました。

1月6日、ケニアに到着しました。なかなか長い道のりでした。

昼、実家を出る。名古屋でお茶をして、父と母とお別れ。
夕方、大阪に。大阪で元会社の先輩と同期りこちゃんとカレーうどんを食べる。
お二人にはお守りとボールペン&シャープペンをいただく。ありがとうございます!
バスで空港に向かったんだけど、バスから見える大阪はなんだかとても静かで
そのとき聴いていた曲(何か忘れた)とすごくあっていて、あー、日本を離れるなあ、という
ムードが高まる。
で、関空でみんなと落ち合って、荷物はとがめられることもなく(ありがとう!)
ドバイで乗り換えて、やっとナイロビへ。
なっちゃんから、ケニアの風は気持ちがいいよ、と聞いていたんだけれども
空港から外に出たとたん、その意味がよくわかった。
ケニアの風に恋した、という感じ。季節としては乾季に入ることなのだそうですが
まだ湿気があって、でもさわやかでとても気持ちがいい。
この風の中で2年暮らせるのか、と思うと幸せだね。

今はJICAのドミトリーというところで、集団生活をしています。
みんなでご飯を作ったりして、合宿そのものです。
集団生活は苦手なのだけれども、これもいい練習なので
少しずつ慣れるといいな、と思う。
月曜から、語学学校が始まります。スワヒリ語を2ヶ月弱習うのです。
全くの初心者なので、これから2ヶ月弱でどれくらい話せるようになるのか楽しみ!

院のときのクラスメイトであり、私をケニアに来るきっかけとなったJamieともうすぐナイロビで会える予定。そよ風のようなJamieと風の住む町(ASKAの名曲です)で会えるのがとても楽しみです。

ケニアに着いたので、ケニアに参ります、というタイトルも変なので
変更しようかな、と思っていたんだけど
これを書いていて、さっき書いたASKAの名曲を思い出したので
それを拝借して(いいのかな?)このブログを続けようと思います。



ネットがやっぱりつながりにくいので、少し更新が滞るかもしれませんが
なるべくワードとかに書き溜めたりなんだりして、この生活を残していきたいと思います。
[PR]



by enoringo | 2010-01-10 13:09 | 日々

あけましておめでとうございます!

2010年も無事に明けました。
どんな初夢を見ましたか?
私は、小学生の頃の夏休みのラジオ体操の夢でした。
決まった帽子をかぶるのを無視したようで
さんざん怒られるというものでした。何を意味するんでしょうね?

あと24時間で私は機上のひとってやつです。
関空から飛び立ちます。
部屋の掃除の総仕上げ、荷物まとめ、銀行関係の整理やらで
結構へとへとになったものの、飛び立つぞ!という気分も高まりました。
別れのときが、相当ツラいタイプなのですが
それは直前まで考えないことにします。

我が家のカレンダーの標語は
『一生に一度しか会えないかもしれない尊い機会を大切にしよう』でした。
そして、祖父の部屋にあったカレンダーは
『虎穴に入らずんば、虎子を得ず』でした。
まさにJOCV向きの言葉だと受け止めます。

たくさんの人たちからの励ましの声、手紙、電話、メール、気持ちを
いただいて、本当にうれしいです。ありがとうございます。
岐阜県の集まりで、おかげさんで、という気持ちを忘れないように。
というお話を聞いて、そうだな、と思いました。
派遣してくれるJICAのスタッフの方々、受け入れてくれるNGOのみなさん、
気持ちよく送り出してくれる家族、応援してくれるみなさん。
そんな方たちのおかげでケニアにいけるわけで
その感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

お風呂に入りながら、今年の目標は?と考えていたのですが
何事もシンプルに、何事も整理整頓。をひとつにあげたいと思います。

その他は、またちょこちょこアップしていければいいな。

何はともあれ、次回の投稿はケニア、ナイロビからの予定です!
荷物がひっかかりませんように!
[PR]



by enoringo | 2010-01-04 23:48 | あいさつ

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧