風の住む街  I'm in Kenya。

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧




正しい

今日もウェブサイト作成です。
と思いきや、ほかの用事で午後が終わりました。。。

UN.GIFT(the United Nations Global Initiative to Fight Human Trafficking)
という国連の中でも人身売買について取り組むプロジェクト(といっていいのかな)です。
ILOとかIMOとか人身売買にかかわる組織共同で立ち上がりました。
ここの助成金(grant)をもらおうと先週末からこれに取り組んでいて、それの送信が
うまくいかないということで、あれこれ作業。
結局、最後は家に持ち帰ってさくっと送信できました。ふうっ。
UN.GIFTはインターンで知って以来、あこがれなので
ぜひここで助成金が取れたらなあ。

ここ最近、マザーハウスの山口さんのブログを読んでいます。
その中でもガツンと響いたエントリーをご紹介。


引用ココから-------------------------------------------------------------

正しいこと。/Eriko Blog (2009/06/13)


(前略)

私は本当に途上国の人をかわいそうだとは思わない。
その代わり、こんな風にいつも、ふざけんなよ、っていう気持ちが心の中に湧いてきて
仕方がない。

私が感じることをみんなは感じないのだろうか。

それとも感じていても、それがいつしか「普通」になったのだろうか。

こんな世界で、「おかしいよ」ということは間違っているのだろうか。

時々自分がしていることの方がおかしく見られているような錯覚に陥りそうなくらい、
ここでビジネスをするということは私にとってはとても難しい。

(中略)

そしてそんなクレームは、誰に言っても、何と言っても、意味がないんだと思いながらもやっぱりちゃんと言おうと思った。

正しいことはやっぱり正しいもの。
誰が言ったとか、どこの国の人が言ったとか、どれくらい大きな会社の人が言ったとか、
そんなの関係ないじゃない。

引用ココまで-------------------------------------------------------------------


これを読んで、そうだよな、そうだよな、と強く思った。
JICAの講習とか友達の会話とか本とかで時々違和感を感じてたんだ。
途上国だから、って何でも許されるんだろうか?
彼らには彼らの歴史があり、文化があり、環境があり
だからあたしのやり方とは違って当たり前。
だけど、だからといって ケニアだから仕方ないっていう言い方が
どうしても納得できない。
そんなことを前によっぴーと話してたんだ。

途上国をそのままの形で受け止めるっていうのは
そういうことじゃないんじゃないだろうか。
むしろ、特別扱いなんじゃないだろうか。
途上国を批判するのって、なんとなくタブーにされてる気がする。
正攻法がすべてじゃないってことくらいわかってる。
あたしだって、そこまでナイーブじゃない。
だけど、それぞれの国に正しいことの基準があるとしても
やっぱり人として正しいこと、正しくないことの最低ラインってあるんじゃないだろうか。

そんなことをぐるぐる思いながら、何度も山口さんの言葉をかみ締めた。
そうなんだ。正しいことは正しい。
すごい勇気をもらった気分だし、すっきりした。
この気持ち、絶対忘れないでいたい。

そんなことを考えていたら、ふと父と母の顔が浮かんだ。
あまりいい娘じゃないけれど、大切な教えはちゃんと引き継いでるよ、父さん母さん。
[PR]



by enoringo | 2010-03-31 01:13 | 日々

炭水化物

実は結構いろいろ書いたのですが、アップに失敗して
消えちゃいました。。。とほほ。

何を書いたのかというと、私の食生活です。
(もう面倒なので、まとめてざっくり)

今日の昼は、ギゼリとチャパティ(クレープみたいなやつ)。
では足りなかったので、マンダージという三角形の揚げドーナツみたいな
やつ(中は空洞です)とチャイ。
見事に炭水化物のオンパレード。

今日の夜ご飯は、昨日のかぼちゃと十六ささげの煮物の残りと
さつまいもを圧力鍋でゆでた(すっごい甘い!)やつを
ミキサーにかけて、ポタージュスープにしてみました。
これも炭水化物多いよねえ?

どなたか、炭水化物を取らなくてもいいような野菜のメニューを教えてくださいませ。。。
[PR]



by enoringo | 2010-03-30 04:17 | 日々

日曜

今日は夕方から大雨で、停電がありました。
しばらくしたら回復したけれど、今さっきまた停電。
そんなときのために、ローソクを買っておくべきなんでしょうね。
あとお水もストックしとかないと。

私の職種は『村落開発普及員』といいます。
英語名はRural なんとか、という名前で(覚えろよ)
その名のとおり、田舎の町に行くというものです。
仕事の内容は千差万別で、あたしみたくNGOに派遣されるひと
がいるかと思えば、学校の先生になるひともいます。
でも、思っていたほどあたしがいる場所は田舎じゃないと思う。
むしろ、便利なところに配属されていると思います。

NGOだし、田舎だし服装はGパンでよかろう、と思って
服装はカジュアルなもののみ持ってきたのですが
なんかオフィスのひとはそれなりにビジネスカジュアル?っぽい。
年が近いWanbuiに聞いてみたら、スマートカジュアルが推進されてるのよ、だって。
でも、誰も何も言わないし、いいかー、と思っていたのだけれど
人材マニュアルなるものを会議で見たら、Gパンはだめ、と記載されてた!
ちょっと反省して、それ以来 ちょこちょこ”スマートカジュアル”を
探すようになりました。

前にも書いたけど、ケニアでは海外から流れてきた服(中古)が
格安で売られています。
中古といっても、よく見ると何気にいいものがあるのです。
Banana RepublicとかAnn Tailor、Abacrombie&Fitch、
ちょっと格が下がってGAP,H&M、Expressとか。
アメリカとかヨーロッパで20-80ドルくらいのものが売られています。
Patagoniaとかも探せばあるみたいよ。 
けど、ほかのへぼい服と同じ価格で同じように並べられているのです。
ナイロビにあるギコンバマーケットという市場が東アフリカ最大といわれている
マーケットらしく、みんなそこへ買出しに行くんだそう。
火曜と金曜が一番お店が開いている曜日だそうですので
その日、もしくは翌日にそこから仕入れられた商品が
市場なりお店に並びます。

横流れ品を買うのはどうなのか?と思うのですが
それはそれで考えるとして、お店やマーケットで
服を見たり、お店のひとと会話するのは楽しいものです。
っていうか、ほんとうにどういうふうに流れているんだろう。。。
それで仕事が成り立っている以上、なんとも複雑よね。
これを買い付けて、逆輸入しちゃうひともいるんじゃないかなあ。

Naivashaでの平均価格は、シャツがKsh.200くらいで
スカート、ズボンがKsh.250-300くらいです。
最初にふっかけられることもあるのですが
そんなわけないじゃん!と交渉すると、ちゃんと平均価格に収まります。
外国人だからといってふっかけられるのは悔しいし
それに味をしめて、次にきた外国人のひとがさらに
ふっかけられることになったら、その人たちに申し訳ないので、
できるだけそういうところではやりあうようにしているのです。

で、昨日はバナリパのクロップドパンツ、Levisのベージュパンツ、
名前忘れたけど、どっかのスカートを購入。
これで、当分”スマートカジュアル”には困らないでしょう。やれやれ。
あとはアイロンを買わなくちゃ。
営業をやっていたときには、アイロンをかけるのがいやで
ニット系、Tシャツ系のインナーばかり着ていたけれど。。。

と書いていたら、また停電。
明日ローソク買ってこようっと。
[PR]



by enoringo | 2010-03-29 03:44 | 日々

自分を知る覚悟

私がいつも学ばせていただいている岩瀬さんの過去のエントリーを
読んでいて、はっとしたので 自分への戒めとして。


プロゴルファーの石川遼のインタビュー記事(日経新聞)より

-----------引用ココから

問: 「いま支えてくれている、周りの人、サポーターやファンに最も伝えたいことは?」

答: 「ぼく自身があらゆること 何でも、勘違いをしていたら教えてください。」

-----------引用ココまで


今の自分には、彼のように言える勇気はまだないな、と思った。
勘違いしてる部分はたくさんあるとわかっていて
それでも、それと正面から向かいあう勇気はまだない。
きっと何かをいわれたら、言い訳し始めるんだろう。
言い訳するくらいなら、聞かなきゃいいのに、ってわかっていても。
世の中には言い訳があふれていてうんざりする、と思っているのに
自分が自分に言い訳してたら、目も当てられない。
[PR]



by enoringo | 2010-03-28 04:12 | 日々

部屋とわたしと。

この家に引っ越して1ヶ月たちました。早いなあ。
最初はほんとうに何もなかったけれど
少しずつ住み心地がよくなってきました。

1.キッチン
  -コンロが入った
  -料理用具がある程度入った
  -調味料もある程度入った
  -窓にレースカーテンを取り付けた

2.リビング
  -床にビニールのマットを敷き詰めた(家の床はコンクリなのです)
  -窓にレースとカーテンを取り付けた
  -ソファは注文中

3.寝室
  -ベットが入った
  -床にビニールのマットを敷き詰めた
  -窓にレースとカーテン

4.もうひとつの部屋
  -壁にズボンとかかばんを引っ掛けられるようにした
  -サイザルを服入れにした
  -姿見購入(1ヶ月くらいなくて、今週月曜久しぶりに自分をみた笑)
  
5.バストイレ
  -6Lくらいのやかんを買ったので、それでお湯を沸かして、水でぬるめて浴びます。

こんな感じかなー。

でも、とても殺風景なのは否めません。
だって、ドアとか灰色なんだよー。
ネットでいろいろ探したりしてたんだけど
今日見つけたサイトがものっすごくステキ!でテンションが上がった。

どうせ2年住むんだし、壁にいろいろ工夫をしてみようと思います。
少しずつ紹介できたらいいなー。
[PR]



by enoringo | 2010-03-28 03:16 | 日々

週末のマーケット

やっと週末!
いそいそとマーケットに出かけます。
雨でぬかるんでいて、マーケットの手前で立ち往生。
そしたら、3輪車のお兄さんがこっちにきて
お乗りなさいな、と言ってくれました。が、
さすがに恥ずかしかったので(ほかのひとは乗ってないんだもん。)
大笑いされながら、ぬかるみに足をつっこんでマーケットに。
みんなあたしの足を見て、くすくす笑うので
思わず、トマトを買ったひとに
どっかに足洗うとこない?と聞くと
お水を分けてくれたので、それでゆすぐことに。
お世話になりました。

さて。
ここで、今日買ったもののご紹介。
Ksh.10=15円くらい

*トマト(小ぶり8個)Ksh.20
*キャベツKsh.15
*唐辛子Ksh.10
*たまねぎ(小ぶり5個くらい)Ksh.20
*十六ささげ(みたいなやつ)Ksh.15 だったかな。
*かぼちゃ(スイカの1/8くらい)Ksh.30
*バナナ5本Ksh.20
*マンゴー3個Ksh.30
*レモン(カボスくらいの大きさ一山)Ksh.20 だったっけか。
*豆 1カップKsh.160 くらい
*インドカレーに入ってる豆 1カップKsh.120くらい
*にんじん(5本くらい)Ksh.10

あとで、ミルクスタンドに寄って
牛乳を購入。300ml(くらいかな)Ksh.20

とても重くなるので、いつもリュックで行ってパンパンです。
圧力鍋を買ったので、豆とか固いもの、お米とかは
圧力鍋で炊いています。
割と日本と変わらない食材が手に入ります。
ピーマンとかさつまいもとか普通にあるしね。
ただ、これだけ豊富な食材のわりに
レストランのメニューがとても乏しいのはなぜ?


おじさん、おばさん、若者などたくさんのひとがわいわいがやがやしていて
気さくに(ときどき好奇の目だけど)話せるし
たくさんの新鮮(じゃないときもあるけど)な食材を買えるのは
魅力的なので、これからも通います!
[PR]



by enoringo | 2010-03-28 03:00 | 日々

オフィスは必要か?

今週はオフィスに行くことがほとんどなくて
インターネットのあるインターネットカフェでiPodを聴きながら
作業していることがほとんど。

いつもはお昼に、オフィスの子が食パンを買ってきてくれるので
それをみんなちょこちょこつまんだり
お昼を食べに出て、ついでにサボる(のにつきあう)ことが多いのですが
一人で食べに出られる環境なので、ちょっとうれしい。
やっぱり食パンのみではおなかが変にすくんだもん。

で、今までみんながよく行くお店以外にも
開拓しよう、と思ってぷらっと入ってみたら気に入って
3日連続行ってしまった。
ひっそりとした入り口と雰囲気、あと食べ物もおいしくって。
いつも行くお店のほうが値段と味の割りに高いのに
なぜ?すぐそばなのに。

そんなことはおいといて、今日もご飯を食べながら
ふと今日のタイトルについて考え始めました。
それは、オフィスに行かなくても仕事ができるなあ、と
思ったことがきっかけです。

会社(団体)にオフィスは必要か?

毎日同じ場所で仕事をするにしても
社員全員がそろう必要がなければ
定期的なミーティングをどっかの喫茶店とかでやる以外は
好きなように仕事をするっていうことにして
いいのではないか?
もちろん、メーカーとかになるとサンプルとか商品を
置く倉庫は必要になるけれど
オフィスの維持費を考えると、そこまで必要なのか?という
気がしてくる。うちの団体は前の場所(街のビル)が狭かったから、ということで
引越しをして、月Ksh1万の1軒家の1階を借りています。
でも、マタツ乗り場から歩いて30分くらいかかるので
お客様とかがくるときとか、何か街に用事があるときに
ちょっと不便。
今の場所は広くて、みんなそれぞれの机があるけど
結局みんなが集まる場所で作業してるし
広い意味があまりない気がする。
お客様がきたときに、感じはいいけどね。
(でも散らかってる。。。)
ヤドカリのように、大きい場所を借りて
それに見合う大きさの団体になるように、ということなのかもしれないけどね。


インターネットが普及している今、会議もオンラインでやろうと思えば
できるわけだけれど、効率以上の何か(結束とか会社への結びつきとか)を考えると
それだけでは割り切れないのかな。
なんとなく、そんなことを考えつつご飯を食べました。


ちなみに、ホテルという看板を掲げるレストランがよくあるのですが
本当に宿泊施設なのか、もしくはレストランをホテルと呼ぶのか、謎。
見るからにトタン板で数畳のお店に見えるところの入り口にも
ホテルって書いてあるんだけど。。。
アジアの売春宿とはまた違う感じだし。。。
[PR]



by enoringo | 2010-03-26 03:31 | 思うこと

へろへろ

これまでのポレポレ(=ゆっくりゆっくり)生活から一転、
やたら走り続けている感のある週です。
とりあえず、いきなり月曜にナイロビに行くから、と
前日の夕方連絡が入り、月曜朝7:30集合でナイロビへ。
いくつかのアポをこなして、さらに急遽ほかのアポが入ったりで
夕方帰宅。

このナイロビ出張、ざっくりとまとめると
いかにお金を手に入れて、職業訓練の学校を建てるか、という
目的のためだったのですが
そこで、ディレクターに火がついたらしく
ものすごい勢いで、いろいろ話を出してくるように。
つーか、公共事業系のコンサルのひとにも会ったんだけど
全然たいしたこと言ってなかったのに
(つーか、あんなんでプロなわけ?)
すごいいい意見をたくさんもらったわね、と感動していて
その割りに話をひまそうに聞いていたのはなんだったのだろうと
遠い目に。。。
アメリカで日本以上の本音と建前に慣れてるつもりだったけど。
ケニアのそれは、本音を隠さない建前に見えます。。。

思いつくままに話をして、着地点がないというのは
上司によくある話ですが、上司に国境はなし。
意味もなく、ものすごくせかされる割に
まったく計画性がなくて、無駄な時間、行動も多い気がしますが。。。
それに振り回されて、かなり混乱させられることが多くて
いらっとするわー。

朝7時半くらいから夕方まで働く今日この頃。
それだけなら、別にいいんだけど
一緒にいて、無駄に話しかけてくるので
ものすごく邪魔。
着地点のない話が多いし、代名詞(HeとかSheとかitとか)ばっかで
何の話かよくわからない。
話をしていて、かみ合わないことが多いのは
相性が悪いってことなんだろうなー、と思います。
その人が悪いとかそういうことをいってるんじゃなくて、ただ単純に
相性が悪いだけなのだろうと。


ちょっと驚いたことは、そこで落ち込むんじゃなくて
それなりに意見をしている自分がいること。
ズバズバ言えばいいってもんじゃないことはわかっているけれど
意見を言うことも大切。
プライベートではそうでもないけれど、仕事では
それなりに自分の意見は意見として伝えたいという気持ちが強いです。
相手に意見すること=反論だとか相手を否定している、というわけでは
ないもんね。


とはいうものの、なんだか日に日に気が強くなっている気がする。。。
もともと気弱でくよくよするタイプなのだけれど
むっとすることが多いし、オフィスでぎゃんぎゃん会話が
取り交わされているので、負けずに言い返すことが増えてきた。
今日は、フランス語(先週から通い始めました)の先生に
テキストに書き込むな、と言われ
どうやって勉強しようが、あたしの勝手だ、という持論を展開。
だって、読み方を直接テキストに書いて覚えるのが
自分には一番あってるってこれまでの語学勉強でわかってるんだもん。
あとで勉強するときに邪魔になるというのが彼の言い分だったけれど
じゃあ、あとで消すからいいじゃん!と言っても聞かないんだもん。
仕事のあとで疲れてたし。


。。。なんか書いてて、すごい自分勝手な人間に思えてきた。
でも、この国の個人とその他の境界線のラインが、心地よくない。
It's not your business.という言葉が口からこぼれそう。。。
だって、胸ないのになんでブラしてんの?とか
余計なお世話だよ。。。
[PR]



by enoringo | 2010-03-25 05:15 | 日々

Jaribu!

今日も引き続き、USAIDがらみのお客様が来ていました。
今日は経理の監査だったのですが
お邪魔かしら?と思いつつ、同席させてもらいました。


NPOというのはNon-Profit Organization(非営利団体)の略なのですが
言葉の響きから
『あたしたちはお金目的じゃないんです!』という叫びが聞こえる気がしませんか?
実際、非営利団体の中には営利企業(For-Profit Company)に対して
敵対心(?)というべきか
『だから金目当ての企業ってさ』みたいな態度が見えたりもします。
ここが、実は問題だったりします。だって、お金必要でしょ?

人間が働くのですから、非営利でもなんでも
その人たちが職員として働く以上、お給料を払わなくちゃいけないし
オフィスの家賃だって払わなくちゃいけないし。
と考えると、どうしてもお金って必要なのです。
でも、上に述べたように、非営利だからお金の話はちょっと。。。みたいな
タブー視する団体もあって、NPOの予算管理とかうまくいっていないことも
あるみたいです。まあ、一般企業でもそういうところたくさんあるんだろうけどね。

というわけで、この分野にはとても興味があるのです。
実際、いろいろとても勉強になりました。お金を渡すだけではなく
どのように管理させるのか、という点まで指導していく必要があります。
今回はUSAIDから経理に関して委託されているNGOスタッフが来てくださり
あたしの質問にも丁寧に答えてくださって、ちょっと感激。
時間あるし、こういう管理面を知っておくことって
いつか役に立ちそうだよね。

早めに終わって、みんなそれぞれ出かけてしまったので
残った3人でさくっと帰ることに。
市場に行って、うろうろと見つつ おばちゃんやそのへんのひとと
スワヒリ語で会話してみることに。とにかく、オフィスのひとと
対等に話すには最低スワヒリ語をある程度できないと
こりゃ駄目だなと悟ったので。
オフィスで話そうとすると笑われるんだけど
本人は極めて真剣なのです。
聞き取りにくい英語を話すひともいるので
それくらいなら、日本語の発音と似てるスワヒリ語のほうが
聞きやすそうだし。
ホテルで働いてるお兄さんはなんと日本語を勉強してたそうで
なかなかな日本語を披露してくれました。先週末カーペットを買った
お店のひとが覚えててくれたり、ずっとスワヒリ語で相手してくれるひとも
いたりで、なんだか心があったかくなりました。
やっぱりがんばって使わないとね。Jaribu(=try)あるのみです。

その後、道端でじゃがいもとかを買い
牛乳屋さんにも寄って、ヨーグルトと牛乳を買い
いろんなひとにあいさつをして帰路に。

ナイロビに行ったときに読んだ『美味しんぼ』で
牛乳は60度で10分殺菌するとおいしいし、栄養もある、と書いてあったことを
思い出して(普通の牛乳は100度殺菌なんだそう)試してみました。
うん、ちょっと違う気がする。。。けどよくわかんなかった。たはは。。。
[PR]



by enoringo | 2010-03-17 03:42 | 日々

愚痴ります!

愚痴りますんで、飛ばしたい方はぜひ。

①金曜に以前行っていた職業訓練の卒業式があった。
あまりの準備の悪さと段取りの悪さにあきれた。
最後にディレクターに
『どう?すごい団結力でしょ?』と言われ
そうね?と微笑んだ自分に拍手をあげたい。
だって、彼女たちにとって初めての認定書になるのよ!と
言ってたくせに、式が始まってからアンタ認定書にサインしてたじゃん!
しかも、結構書き忘れあったじゃん!

②うちのNGOで作っている商品を
JICAのオフィスで売ることになり
準備して、前回ナイロビに行ったときに
おいてきました。そのときのJICAのひとの感想を
商品を作ったオフィスのひとに聞かれ
一通りほめたあと、もう少し小さいとうれしいって
言ってたよ、と伝えたら
『アメリカ人にはあれは人気だ』と言われてしまった。
じゃあ、アメリカ人に売ればいいじゃん。
JICAじゃなくて、Peace Corps(アメリカ版の青年海外協力隊)ボランティアに頼めよ。

③日曜に、スーパーでさんざん子どもにあとをつけられた。
"Una swahili?" (なんか質問あるの?)と聞いても、ないって言うし
自己紹介して名前聞いて、握手して去ったんだけど、ついて来る。
ついてきちゃったの?って言うと、荷物持つの手伝うよって。。。
ありがたいけど、丁寧にお断りしたらやっと帰ってくれた。
ところが、家の近くで別のこどもの集団がいて
あたしが家の門を入るのを見て、ガンガン門をたたくわ
南京錠をガンガン鳴らすわ、けるわなんだで
大迷惑。しかも冗談抜きで1時間半くらい。
近所のひとにも申し訳ないし、ちょっとカンベンしてくれ、という感じ。
なんだか泣きたくなってしまった。あたし、あんたたちの国になんか悪いこと
したっけか?

④今日、USAIDのスタッフとの結構大切な会議のあと
ぶらぶらするからおいでよ、同僚にいわれて
一緒に歩いていったら、同僚の1人の家に。
夕ご飯をごちそうになって、よかったんだけど
彼女は基本的にキクユ語ばっかり話す。
スワヒリ語も英語も話せるくせに、あたしの前でも
他のひとがいるときは、絶対にキクユ語。
なので、2時間くらい彼女ともう一人の同僚は
キクユ語で叫ぶように会話しており
あたしはずっとアウェー状態。
おまけに、彼女のこどもと遊んでいて
何かを叫ぶので、何かと思ったら
『お前をベルトで殴ってやる』という意味らしい。
どんな2歳児だ。
(ある意味、子どもってこわいよねー。親の鏡だもん。)
日本語で言われるならまだしも、外国語で何度も言われると
なんだか無性にへこんでしまい
この家に二度と来るもんか!と固く誓ったのでした。
泊っていきなさいよー、っていう彼女の気持ちが
ちっともわかりませんでした。


そんなこんなで、なんだかとほほなことが続きました。
開発について、常に考えているのですが
彼らが変えたい、変りたいと思わない限り
何かを提案しても、それは単なる押し付けなのではないか、と
常に疑問が付きまといます。
もちろん、この疑問をいつも忘れてはいけないとも思ってるけど
やっぱりなんとなく苦しい。
長い目で考えて、”開発”したことが良しとでるかどうかも
わからないし、なんとなくちびくろサンボのトラのような気持ちです。 
うちの団体の主なサービス提供先であるコマーシャルセックスワーカー
(売春婦)に会ったら、すこしはこんな気持ちが和らぐんだろうか。
[PR]



by enoringo | 2010-03-16 03:16 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧