風の住む街  I'm in Kenya。

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




30歳になりました。

先日、誕生日をケニアで迎えました。
10代のころから憧れていた30代に突入です。
もううれしくてうれしくて、にやにやしてしまうくらいうれしい!

誕生日は静かに過ごしました。大切な日だったからそうしたかったのです。
散歩をしたり、おしゃべりをしたり、おいしいものを食べて過ごしました。
こういうシンプルなことに一番の幸せを感じるようになってきました。


私は母が30歳のときに生まれたので、今年は母が私を生んだ年齢になります。
はー、まだお母さんになる準備はできてないなあ。
生まれたとき、私の首にはへその緒が2重に巻きついていて
生まれてから保育器に入って、げーげーと吐いていたそう。
それがこんなに大きくなって。よかったよかった。


たくさんのひとに携帯メールやEメール、Facebookでのメッセージや
ステキなプレゼントをいただきました。
どうもありがとう!すっごいうれしい。
ここまで誕生日がうれしいのって、初めてかもしれないな。
あー、花の三十路ですよ。にやにや。


30代の目標は、竹のようにしなやかに強く生きること。
ステキな1年になりそう。ルールルー♪


母さん、30年前に生んでくれてありがとう。
父さん、母さん、兄、ずっと見守って育ててくれてありがとう。
これからもよろしく。
[PR]



by enoringo | 2010-07-16 04:44 | 日々

Man in the mirror

昨日は調べものやインタビューの準備をしながら
久しぶりにMichael JacksonのMan in the mirror を聴いていた。
去年のサンフランシスコのゲイパレードで聴いて
一時期、本当にこればっかり聴いてた気がする。
その直前にMJが亡くなったから、街中にMJの曲が溢れていた。
この曲を聴くと、去年の夏に出会ったゲイの友達を思い出す。

なんでLGBT(Lesbian, Gay, Bisexual,Transgender
      /レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)
の人たちは差別されなければいけないのか?
とただただ疑問に思う。だめだというひとたちの意見を聞いても
ちっとも納得できない。
だいたいの理由が「自然じゃない」だとか「自然の摂理に反している」
とかそういうものだけれど、それは自分の「自然」であって、他人に強制できるものじゃない。
日本人が鯨を食べるとか韓国人が犬を食べるとかそういうのだって
それはほかの国のひとからみれば野蛮かもしれないけれど
それは彼らの「自然」であってあたしたちのものじゃない。


パレードでは、LGBTだけでなくLGBTの親や彼らを両親に持つ子どもたちも友達も歩いていて
素直に「そうだよな、同姓婚って認められて当然だよな」、と思ったのを覚えている。
ちょうどその1ヶ月くらい前にカリフォルニアのProp.8(同姓婚禁止の法律)
が可決しまったばかりで
カリフォルニア=LGBTウエルカムというわけではないんだな、というのを感じた。
それからいくつかの州がゲイマリッジを受け入れるようになったので
総合的には増えてきているのだけれど。

友達が「ほんの数十年前まではアメリカでは黒人と白人の結婚は認められなかったんだ。
でも、今じゃ信じられない話でしょう?同じように
昔はゲイの結婚が認められなかったなんて信じられない、っていう日が来ることを僕は信じてる。」
って言うのを聞いて、胸が熱くなった。その日が来ることをあたしも信じたい。

 
DCのパレードのあと、MILKという映画をやえさんが見せてくれた。サンフランシスコの政治家Harvey Milkの話で、見終わったあとは涙が止まらなかった。
確か、これショーンペンがアカデミー賞を取ったんじゃなかったっけ。
本当にすばらしい映画ですので、まだの方はぜひぜひ。

宗教が関わってくるので、ややこしい。
宗教というのは、人が人生をよりよくするためにあるものだと思うけれど
人が人を裁くために使われているような気がしてならない。
さらに、ケニアで宗教が都合よく解釈されているような気がする場面をよく見かけるので
どんどん宗教に不信感が増していく。あ、宗教そのものというよりも、信者に対してだね。
宗教そのものはここにあるけれど、その解釈が問題を生み出すんだと思う。


同姓婚と中絶について、私はもちろん賛成派です。支持します。
人の一生を左右することに対して、なんで他人がYesとかNoとか言えるんだろう。
そのおこがましさにげんなりする。自分を何様だと思ってるんだろう。
だって、すきなひとと一緒になりたいっていうのはごく当たり前の感情で
当たり前の権利でしょう?それをを止める権利は他人にはないもの。


日本にいると、ごく限られたひと、というイメージが強いし
いないものだ、と思われていがちだけれど、そんなわけはない。
今隣にいる友達が、家族が、親戚が LGBTじゃないってどうして言い切れるの?
一度考えてみてほしいと思う。
[PR]



by enoringo | 2010-07-11 00:22 | 思うこと

助成金終了、その後。

6月30日に、USAIDからの助成金が終了して
ほかのエリアにある事務所2つの荷物を引き上げてきました。
事実上、USAIDのプロジェクトから雇われていたスタッフ全員は解雇となり
今後もうちのNGOに残りたいひとはボランティアとして残ることに。
まあ、ほとんどのスタッフは
『残るわけないじゃん』という感じですが。


ディレクターと今後の話をしたのだけれど、わだかまりは消えない。
けれど、話し合っても埋められないものもあるのだから
とりあえず、今できることを考える。
万が一これまでのプロジェクトの第3期に採用されたときのために
改善策を考えたり、現在やっている活動に本腰を入れる、など
やることはあるわけです。


どうにもわだかまりが消えないうえに、水道がここ1週間止まっている。
さすがに、100Lの水タンクを購入しました。
そして、Punda(スワヒリ語で、ロバ)デビューです。
ロバが水をつんだ台車を運んでおり、町中をうろうろしているので
彼らをひきとめて、水を売ってもらいます。
ちなみに、ちょうどその日はワールドカップの試合の日で
友達と待ち合わせをしていたので、すごい急いでいたのに
水売りがわけのわからんことを言う上に、おつりをちょろまかしてきたので
頭にきてしまい、水タンクを殴って『外国人だからってなめんな』節を炸裂。
いくらなんでも、ちょっとあんたその態度失礼じゃないの?という限度を超えてたし。
そしたら、おつりが余分に返ってきた。(同僚曰く、それくらいが適正価格だそうで
軽くぼられてたこともわかった。あいつ。。。)
こうして、どんどんたくましく育っていくのでしょうね。



c0204073_1882037.jpg


服屋さんから撮ったロバの水売り屋さん。



やっぱり、水道に慣れているとすごく使いづらい。
特に、食器を洗うときと洗濯がおっくうです。食器洗いようのタライを
購入すべきよね、きっと。



*今日の五右衛門さん*
最近、後ろ足で立ち上がることがブームなのか
よく二本足でいる彼。あたしのまねをしてるのかな?
[PR]



by enoringo | 2010-07-02 18:09 | 日々

青年海外協力隊21-3でケニアのナクルで生活しています。家のそばからナクル湖が見えて、シーズンになるとフラミンゴで湖の端がピンク色に染まるのが見えます。
by enoringo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

帰国日の朝
at 2012-04-03 14:20
今日のケニアご飯 その①
at 2012-02-10 21:54
いつものお昼ごはん
at 2012-02-09 22:48
キューバから考えたこと
at 2012-02-08 19:47
at 2012-02-07 19:10

いつか行きたいなあ、世界遺産。

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧